発破・破砕の技術向上・技術革新を普及し、建設事業の安全と日本の環境保全に貢献する
  • 一般社団法人 日本発破・破砕協会
  • 発破・破砕施工に関する技術の進歩と 経営の合理化に努め
  • 火薬類及び破砕剤の扱い、工法の研究開発 施工の安全確保と国民の環境保全とに寄与

最新ニュース

■2020年10月8日(木)成瀬ダム建設現場見学会

秋田県成瀬村で建設中の成瀬ダムで、当協会の見学会が行われ、正会員と賛助会員から28名が参加しました。成瀬ダムは、ロックフィルダムではなくて、台形CSG(Cemented Sand and Gravel)ダムで、堤体積は4 …

集合写真

■2020年6月24日(水)第1回通常総会

第1回通常総会が東海大学校友会館(霞が関ビル35階)の「望星の間」で開催されました。正会員10社と賛助会員から26名が出席し、全ての議案が承認されました。 任意団体から社団法人化されて、初めての総会開催となりました。当日 …

ホームページアップしました。

一般社団法人 日本発破・破砕協会はホームページをアップいたしました。スマートフォンやタブレットに対応したデザイン、また、SSL(暗号化)通信にも対応しております。これからも日本発破・破砕協会をよろしくお願い致します。

一般社団法人日本発破・破砕協会の理念

主として発破・破砕施工に関する技術の進歩と経営の合理化に務め、

火薬類及び破砕剤の扱い、

工法の研究開発と、これらの正常なる普及を図り、

もって建設事業の施工の安全確保と

国民の環境保全とに

寄与することを目的とした団体です。

PAGETOP